能面検事

[能面検事]の感想☆彡
新米検察事務官・美晴が就いたのは表情を全く動かさない能面のような検事でした。
タイトルの検事ではなく、おそらく美晴が主人公なんだろうけれど、どんくさすぎて本当に頭の良い人なのかどうか疑問に思いましたね。
注意と叱咤ばかりされていて学習能力も低そうです。
まあ、疑問に思ったりしたら聞きたくなるという気持ちは分かりますけどね。
検事の忖度をしない姿勢は、生きづらいだろうなとしか思えませんでした。
正義を貫くというのはかっこいいけれど、そこまで相手を叩き潰したらいつかやり返されるのではないかと怖くなりますよ。
不正をする方が悪いのは確かですが、公にしないで内内にすませるというのも社会人として必要な気がします。(笑)

コメントは受け付けていません。