定年退職をした元刑事の小説

久しぶりに柚木裕子さんの本を読みました。
定年退職をした元刑事の神場が奥さんとお遍路さんに挑戦するところからはじまります。
その間に神場が関わった、女児誘拐事件と似た事案が発生して・・・というあらすじだったから、私はてっきりお遍路さんを中止して捜査本部に加わる話しだと思っていました。
実際にはそのまま続けて帰りません。
捜査本部にいる娘の彼氏(とは認めていない)元同僚と、昔一緒に誘拐事件を担当した元同僚が事件の捜査をします。
神場の奥さんがまた良い人なんですよ!
嫁に来てくれるのであれば誰でも良いという見た目?らしいけど、中身も武骨すぎ。
奥さんの明るさが夫婦を成り立たせています。
昔の事件は恐れていた通り冤罪だったのは、新たな被害者をうみました。
フィクションだけど冤罪ってやっぱり思ったより沢山ありそうですね。