常識や認識

自分の常識や認識が正しいものかどうかは常に疑わないといけないな、と思いました。
誰にでも自分が信じているものってありますよね。
それは他人にとっては信じられないものだったということもあり得ます。
自分の信じるものを疑えというわけではありません。
自分の正義が世間的にも100%正義であるとは限らないと知ったうえで人と接するべきです。
そういうことに気を遣えるような人になりたいですね。
人に気を遣いすぎる人はストレスを感じることが多いというイメージです。
でもそうやって気を遣える人はまわりがよく見えているとも言えます。
ちょっとしたことで人間関係ががらりと変わってしまったり崩れてしまったりします。
何歳になっても学ぶことは多いもんだなと思う毎日ですよ。