ほっぺたの内側に白いラインがある人注意!

普段から無意識に噛みしめる癖がある人のことを歯列接触癖がある、とい言うそうです。
日本人の文化として口を閉じる、歯を見せるなというのがあります。
過度なストレス、防衛としてや何かに集中して交感神経が働きます。
歯列接触癖の特徴
口の中を見てみて歯が削れている、ほっぺたの内側に白いラインがある。
下の渕(横側)が歯形のようにギザギザしている人など。
笑う機械や会話が少ない、怒りっぽい、神経質、寝不足の人に事例が多い。
薬剤師という職業柄、健康関連の話題は気になるし好きですけど、これはひとごとではありません。
だって私も白い線があったんですよ!
完全に歯列接触癖だということです。
それを知って以来、「私、今、噛みしめてた?」と気になってしかたがないです。