すぐに沸く電気ケトル

電子レンジで一カップ分を温めることがあるけどなかなか熱々にならなりませんね。
ポットが壊れてしまったので、すぐに沸く電気ケトルを購入しましたよ。
ティファールと二大政党っぽかったタイガーのものです。
ティファールの方が有名ですけど注ぎ口からこぼれる等の口コミがあったのでタイガーの方にしました。
形状としてはティファールのテレビCMで見るあの形です。
本当にすぐに沸くのでいままで使っていたポットはなんだったんだろうという感じです。
保温は出来ませんけどね。
前から少ししか入ってない状態で保温をしていてもったいないと思っていたので良い品です。
カップに入れてからすぐに飲んで唇を少しヤケしてしまったので今後は気を付けようと思います。

図書館で福袋

去年、なんの本だかを隠した本が発売されましたよね。
すでに購入済みの場合は返却可能なこの企画はかなり売れたし話題にもなりました。
今年は図書館で福袋なるものがあったそうで、それを思い出しました。
図書館の本だからもちろん返却をするわけです。
自分で購入するリスクはないわけですからとても嬉しい企画ですよね。
私も図書館を利用する身としてはうらやましいです。
好きな作家さんがいてもその作家さんが多作とは限りません。
読みたい本がなかなかみつからないという悩みは、読書好きには多いですよね。
残念ながら私が利用している図書館ではこういうのはありません。
福袋以外にもガチャガチャを設置する図書館もあったとか、やっぱり心底うらやましいです。

休養と休業

日本語って難しいけれどそれは違うんじゃないかなってことがありました。
当て逃げをした芸能人のことです。
交通事故は誰しもが起こす可能性があります。
殺人事件などと違ってそんなつもりはないのに起こす事故です。
それは仕方がないとして逃げてしまったら完全に犯罪者ですよ。
その芸能人がしばらく休養すると発表したんです。
休養って言い方はおかしくないですか?
休んで養生するって意味ですよね。
犯罪は認めているわけですから、休養ではなくて休業ですよね。
反省して憔悴しきっていってそんなの自業自得ですよ
謹慎という言葉もあるのに、休養って言うのは被害者面しているように見えます。
犯罪から逃げただけではなくてますます印象が悪くなります。

ちょっと肌寒い程度

ちょっと前までは冷房が必要なくらい暑かったのに、あっという間に寒い季節になってしまいましたね。
先日のお昼休憩のときにそのことを言ったら「風流だねぇ~」と、同僚薬剤師Lさんに言われました。
風流だと言われるほどのことを言ったつもりはないんですけど・・・。
四季がある日本にとって季節の変わり目とかってきになりません?
夏は死ぬほど嫌いなのでこの季節が一番好きなはずなのに、やっぱり寒いのも嫌ですね。
肌が乾燥して痒くなるし、一年を通して運動しないので、ますます体がちぢこまってしまいます。
体調が悪くなると「運動不足だから!」って言われるのがすごく嫌だけど、運動する気にならないので仕方がないですね。
一年中、ちょっと肌寒い程度の気候が理想的です。

ひとりじめスイーツ

ひとりじめスイーツ、なるチョコレートを買いました。
普段の私だったら絶対に手を出さない金額です。
もちろん高級チョコレートではなく、スーパーで買ったものですよ。
ずっと前に人からいただいたチョコレートに似ていたんです。
凄く美味しかったからまた食べたいと思っていましたけど、期間限定のものでした。
世の中にはヒット商品と似せて他の食品を売り出すことが多いのでそれは悪いことだとは思っていません。
しかしたまたま似た商品なんてたくさんありますからね。
それを期待していたけれど、うまくいかないものですよね。
こうなってくると無駄に高い買い物をしてしまったと後悔しています。
カロリーだって高いのに満足できないっていやですね。

事故から逃げてはいけません

交差点で接触事故を起こした40代の男。 
接触された30代の男性が警察に行こうと言ったのに逃げだしたそうです。
とめようとした男性が車にしがみついて1.3キロメートル走行。
手を離したら死ぬと思って必死だったようです。
ただの交通事故から殺人未遂になって男は逮捕されました。
なんで咄嗟に逃げちゃったんですかね。
しがみついていた男性が無事で良かったですよね。
本人はもちろんのこと、加害者の男にとっても怪我を負わせているかどうかは量刑を左右するでしょうしね。
最初、事故で車のボンネットとかに乗り上げた被害者をそのままにして走行させたのかと思ったら、とめるためにしがみついていたんですね。
気持ちはわかりますけど危ないですよね。

かっこよすぎて、ちょっと・・・

今はやや熱が覚めつつありますけど、ちょっと前まで時代劇モノの小説を読むことが多かったです。
普通の本だって好みの本をみつけるのは難しいですけど、時代劇モノも難しい。
好きになった本がシリーズモノだと嬉しいですね。
有名な鬼平犯科帳も少し読みましたよ。
テレビドラマでやっていたのでその俳優さんの顔をイメージしてしまいますね。
それが今度、アニメ化になるそうですよ。
へえぇ~なんて思って、ビジュアルを見たら主人公が凄くかっこよくなっているんですよ。
渋い顔なのは良いと思いますよ。
でもなんだか長身で細身のような気がします。
他のキャラクターと横並びで見ていないのでわかりませんけどね。
もっと普通のおじさん風にした方が良かったのではないかと思います。

クローンペットビジネス

某国でクローンペットビジネスをしているそうです。
私は動物と一緒に暮らしていないので飼い主の気持ちは分かりません。
家族と一緒ということはなんとなくわかりますけどね。
それでも、遺伝子が同じペットが欲しい気持ちはわかりません。
だって体の中身が一緒だとしても、その子は前の子とは違いますよね。
愛しいペットが亡くなったためにペットロスになる人もいるでしょう。
でもその人に、同じ子だよってクローンを渡したら以前のように元気になるものでしょうか。
人にもいろいろな考えの人がいるので、完全否定をするつもりはありません。
しかしクローンペットにもリスクがあるとなると人間のエゴで命をつくることは軽々しくするものではないと私は思います。

月に由来するものは?

6月29日は滝廉太郎の命日です。
滝廉太郎と言えば・・・はずかしながら、荒城の月くらいしか知らないです。
世界でも有名な荒城の月からひとつ。
月に由来するものは何でしょうか?というクイズをやっているのを見ました。
コンペイトウとモナカのどちらでしょうか?というやつです。
コンペイトウはポルトガル語!というのは知ってました。
コンフェイトが砂糖菓子という意味で織田信長に献上したこともあるものだったんですねぇ。
モナカのルーツは江戸時代に発売された、最中が発祥です。
最初は生地を丸く焼いただけのものだったが、あとからアンコを入れたて最中の月となる。
その月は中秋の名月のことなんですって。
モナカが苦手な私としては、へえぇ・・って感じです。(笑)

衣替えは汗だくになる

毎年のことですけど衣替えは汗だくになって行いません?
大して洋服なんて持っていないのにとても大変に感じます。
そして今年もやってまいりました。
もしかすると痩せれば着ることができる洋服をどうするか問題が。(笑)
もう今年は思いっきり捨てることにしますよ。
ちょうど来週、廃品回収があって衣類も持っていってくれるそうですし。
15年以上前の痩せれば着ることが出来るはず、なんて夢のようなことはやめます。(笑)
もう、無理だ。完全に!
あのころはカロリーだって体重だって気にしたことはありませんでした。
思春期や青春時代に気にする必要がなかったというだけでよしとしましょう。
でも今では絶対に買えないような金額のものは残念です・・・。